August 19, 2005

My Absolutely First Post

Weblogを作ることを考えたのは最近のことではないのだが、いろいろ考えたあげくついにこのBlogger.comへやってきた。様々な情報溢れる現代社会の中にあって、私の配信する情報にどのような意味があるのかとふと思わなくもないが、これがどこかで、何らかの形で、誰かの足しになることがあればこれ以上の幸いはないだろう。

このページを訪問された奇特な皆さん、今後ともよろしく。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home